無添加・無漂白の海の幸


美味しい糠ニシンできました。

八島の糠ニシンのこだわりは石狩湾のニシンと島牧の無農薬天日干し米ぬかです、 にしんが帰ってきた!
1910年頃、北海道各地で「にしん御殿」と言われる豪邸が立つほどの
大産業だったにしん漁も、1950年代には漁獲量が下がり
1955頃には「幻の魚」とまで言われるほどに。
絶望的だった北海道のにしん。
1990年代に石狩湾で稚魚の放流が始められ、それから北海道内で
年間200万尾以上の稚魚が放流がされるようになりました。
その努力が実ったのか、 数年前からにしんが北海道に現れるように!
北海道ににしんが帰ってきた喜びを、北海道の大地で無農薬で 育った
天日干しの米ぬかと熊石の海洋深層水、赤穂の天塩で
ギュッと詰め込んで糠にしんにしました。
皆様もぜひ、この土地の旨味を味わっていただければと思います。

糠ニシンができるまで。

【放射能検査結果】

2018年5月放射能濃度の自主検査を実施し、不検出でした。

 

採取場所:北海道石狩湾(鰊)北海道島牧(米糠)
試料名:国産無農薬糠にしん

測定項目   測定値     検出下限値  
放射性ヨウ素(I-131) 不検出  0.43bq/kg
放射性セシウム(Cs-134) 不検出 0.30bq/kg
放射性セシウム(Cs-137) 不検出 0.33bq/kg
放射性セシウム合算 不検出  


★糠にしんを使ったレシピ
三平汁のレシピ
糠にしんナムルのレシピ



お買い求めはこちらから↓
 

国産無農薬糠にしん
480円(税込)
会員様は430円(税込)

国産無農薬糠にしん
会員様限定5本セット

※会員様限定 1,980円(税込)